MENU

男性にとって、あそこが小さい事は大きなコンプレックスとなります。トイレや銭湯で友人のあそこを見て、自分のは小さいと感じ、それがコンプレックスとなるのです。

 

自分のは、上から眺め、友人のは横や前からもろに見るのですから、物理的に自分のものが小さく見える事など、気付く余地もありません。ネットで日本人の標準サイズを調べ、自分のサイズを定規で図り、標準だと分かっても安心できるものではないのです。

 

はじめて女性を経験しても、テクニックがないのですから女性を喜ばせ、満足させる事などできるはずもありません。しかし、これがテクニックではなくサイズのせいだとまた思い込み、益々コンプレックスを強めてしまう事もあります。

 

ヴィトックスなど増大サプリを試しても、誇大広告が多くて、簡単に大きくなったりするものでありません。それでも、女生との回数を重ねるにつれ、ようやくサイズも大事だけれど、その硬度やテクニックで十分に女性を行かせる事ができ、満足させる事ができるのを体験して安堵するものです。

 

欧米人の白人のあそこは巨大で、馬並みのサイズの男性もいます。しかし、白くてふにゃマラっぽく、筋立って黒っぽく硬度の高い日本人のあそこを、欧米女性は好むと聞きます。巨大であってもすぐに終わるようでは、痛いだけで女性が満足する事などないのは、当然です。

 

異常に小さい場合は別ですが、標準サイズに近い日本人なら、そんなコンプレックスで悩む暇があるなら、せっせとテクニックを磨き、硬度と持続時間で女性を喜ばせる事を考え、実践しましょう。